日本新薬が販売する機能食品と医薬品事業

病気を治療するために、医薬品の力を借りる場面は多くあります。人々の健康を守るために、さまざまな医薬品の開発を行っているのが日本新薬です。高い使命感を持ち、優秀な研究者たちが日々新薬の開発を行っています。また病気の予防に役立つ、機能食品の取り扱いも行っている企業です。日本新薬では、具体的にどのような事業を行っているのでしょうか。

健康に寄与する医薬品事業

日本新薬が行う事業の中で、大きな柱となるのが医薬品事業です。現在ではさまざまな薬が多くのメーカーから開発されている中で、特に品質の高い製品を開発しようと日夜努力を重ねています。新薬を開発する際には、研究を長く行うことが必要です。しかしスピード感も重視しなければならないため、社外との連携も図っています。

泌尿器科や産婦人科など、多種類の診療科で使用される医薬品の開発を行っている企業です。また現在ではより高度な治療方法として注目されている、遺伝子治療を視野に入れた研究にも努めています。泌尿器科向けに開発した医薬品は多数あり、世界的にも有名な勃起不全治療剤であるシアリスを開発しました。また鉄欠乏性貧血治療剤であるモノヴァーなど、多数の製品が全国の医療現場で使用されている状況です。

医薬品事業の一環として、受託製造も現在では行っています。最新鋭の設備を備え、長年の実績によって得られた方法なノウハウを生かし、サービスを提供しています。

機能食品の事業にも注力

病気にかかれば、高度な治療によって治癒を目指す必要があります。しかし病気を未然に防ぐことも、健康を維持するために欠かせないものです。日本新薬では人々の健康維持に貢献したいという想いを創業当時から持っており、現在では機能食品の事業にも力を注いでいます。まず健康に役立つ素材の開発を行っており、さまざまな素材を扱っています。

製品の品質を維持しなければ、逆に健康を大きく損ねしまいます。品質を安定させるための保存剤の開発も行っており、ソルビン酸系保存料などを扱っています。さらに体力増強を希望する消費者に向けて、プロテイン製剤も扱っている企業です。チーズホエイやカゼインナトリウムなど、種類は豊富です。いずれもクオリティの高い製品を製造するために必須となる、衛生的な環境の中で製造されています。

食を通して問題解決を図る

医食同源と昔から言われており、健康維持のために食事はとても重要な活動です。日本新薬では新規事業として、食品業界への進出を果たしました。まず粉末抽出香辛料を発売し、その後幅広く事業を展開していったのです。現在では食品化学研究所を設け、製品の開発や研究を行っています。

またサプライヤ―に対し、品質保証のサービスを提供しています。早期から食事に関する理解はとても重要ですが、日本新薬では食育を目的とした啓蒙活動にも力を入れています。今後は医薬品や機能食品だけではなく、食事に関する製品の開発など、さまざまな事業への取り組みを進めていくことが予想されます。